ヤミヤミ≒ヨマイヨマイ

このブログはわたしじゅんはじめが外界からの数多の刺激の中で妄想した事柄とか内なる衝動が生み出した邪なる創造の萌芽とかそういうなんだかよくわからないものを徒然なるままに日々雑記として書きつらねていこうと画策した上に設置されたものである・・・・・・・のかもしれないぞっと(^^ゞ

Insta360 Go 3S

6月 13th, 2024 by PureJyam

Insta360 Go 2」が出たのが2021年で、そのあと2023年に「Insta360 Go 3」が出ていたらしい。なんかそんなような記事を見たような気もするが、そもそもアクションカム系にはあまりそそられないので、記憶に残ってなかったのだよね。
で、本日「Insta360 Go 3S」が発売された。2~3へは2年かかっているのに今回は1年足らずで新機種である。ただどうやら3を4K対応しただけのようなので、だから名前も4ではなく3Sなのだろう。

初代が出たときはこんなん使えるのだろうかと思ったのだが、4年経ってもまだ新機種を出しているところを見ると需要はあるのだろう。まぁこれだ小さくてまともに撮れるカメラなら、スポーツ系には重宝するのかもしれない。この手の主流はGoProになるのだろうが、GoProは小さいと言っても存在感はあるからねぇ。この小ささはかなりのアドバンテージだ。

3のときに、充電ケースにモニターを付けてGoProのような感じでも撮影できるようになったが、それは3Sでも変わっていない。ただ3で本体撮影時間が2の30分から45分に延長になったものが、3Sでは38分と後退してしまった。4K対応のためにはどうしても電力は食ってしまうので、いたしかたないのであろう。

面白いカメラだとは思うのだけど、やはりどう考えても使い道が思いつかない。スポーツとは無縁だしねぇ。

Posted in 物欲 | No Comments »

PlayStation VR2 その4

6月 8th, 2024 by PureJyam

PSVR2が終わるねぇみたいな話を少し前にしたのだが、そのときPC接続もいずれできるようになるらしいという話があった。で、それがようやく実現となった。8/7に発売されるアダプターを接続することで、PCに繋がるようになる。

なんとなく、ソフトのアップデートでなんとかなるのかと思っていたのだが、別売りのハードウェアが必要だった。税込み8,400円ということで、まぁそこそこのお値段。世の中そうそううまくはいかないものである。
使用頻度が低いハードウェアにこれ以上のコストをかけるのかどうかという悩みはあるものの、じゃあこれをスルーしてしまうと、完全にゴミと化してしまうわけで、買わないわけにはいかない。

PS5ではまだPSVR2対応ゲームをちまちまと出していくようではあるが、どう見てもSONYはやる気を失っているので、PCへの接続は願ったりかなったりな状況ではある。買うしかないよなぁ。

Posted in ゲーム, 物欲 | No Comments »

Lumix GH7

6月 6th, 2024 by PureJyam

前回、GH7の話全く聞かんのだが、どうなってんの?と書いたそばから、唐突にGH7が発表された。7/26からの発売らしい。
5.7Kで60p、4Kで120pというのは、確かGH6のときからだったような気がする。もはやどこがどう進化したのかさっぱりわからない。こちとらGH3のフルHDで知識がストップしているのでな。

ここまで来るとプロとかハイアマチュア向けなのだろうが、最近というかここ数年Youtubeでも4K動画は珍しくなくなってきているので、ちょっとしたマニア程度でもこのくらいの機種は使うのだろうな。
個人的には4Kにあまり食指が動かないのだが、一般的にはもう普通に撮れば4Kみたいな感じなのかもしれない。なんというか取り残され感が半端ないな。

このブログを始めた2009年頃は、動画制作に結構気合も入っていたのだが、世の中の動画熱が上がっていくにつれて逆に冷めていってしまった。当時はまだPCも大したものを使ってなくて、編集ソフトも安いやつでなんとかやってたけど、まぁ面白かったね。
今の環境は当時と比べてずっとましになって、作る労力も減ったけど、なんかいまひとつ作りたい動画がなくなってしまったのだなぁ。

Posted in 映像制作, 物欲 | No Comments »

Lumix S9

5月 30th, 2024 by PureJyam

コンパクトカメラっぽいが、フルサイズミラーレスである。確かSONYも似たようなやつを出していたと思ったが、Panasonicもやはりラインナップに入れておこうという思惑なのだろう。
6/20に発売らしいが、こいつは別な意味で話題になってしまい、結構前途多難そう。製品紹介ページに載せていた写真が素材サイトのものだったということで、カメラの紹介ページでいかにもそのカメラで撮った風に載せてるくせに素材サイトの写真かよ、とツッコミが入ってしまった。個人的にはこんなページに載せる写真は、作例と明記されてないかぎりは単なるイメージだろうと思っていたので、特に気にもしていなかったのだが、まぁ普通の感覚ならツッコミたくもなるわな。結局のところ他の家電と同じような感覚でページを作っているわけで、カメラだからといって特別に扱うということはないということか。

さて、前にも書いたが、デジカメはもはや高級機しか売れないのであろう。コンデジはとっくに淘汰されてしまったが、そろそろマイクロフォーサーズも怪しくなってきた。
マイクロフォーサーズ機の低価格帯は既に生産終了でとっくになくなっているし、逆に高機能化した高価格帯はフルサイズ機と価格が被ってきてしまう。買う方から見れば、同じ価格ならフルサイズ機を買うだろうし、マイクロフォーサーズの位置づけが曖昧なのだよね。

動画に特化したGHシリーズはなんとか生き残ってはいるものの、GH6以降の話は全く聞かない。ただ6月に入るとロスアンゼルスでCine Gear Expoというイベントが開かれるので、そこでなんらかの発表があるのではないかとも言われている。
ただどうなのだろう。動画用としても今後はフルサイズにシフトということはありうるのじゃなかろうか。新動画用のフルサイズのシリーズが出てくるということも考えられなくはなさそう。

Posted in 物欲 | No Comments »

ドラゴンクエストⅫ その2

5月 27th, 2024 by PureJyam

3年前に大々的に発表したわりに、その後なんの音沙汰もなくなった「ドラゴンクエストⅫ」ですが、本日ドラクエの日ということで、なんらかの情報が出るんじゃないかとかなりの人たちが期待していたわけです。
しかしながら、「ドラゴンクエストⅫ」については堀井雄二氏がXへの投稿で、「がんばって作ってます。」みたいなお気持ち表明のみに終わりました。
同じく3年前に言及された「ドラゴンクエストⅢ」のリメイクについては、公式がXで動く画像を公開し、こっちもまぁ多分作ってます的なメッセージかと思われます。ただ、作品名自体には全く触れられていないので、これが3年前の「ドラゴンクエストⅢ」のリメイクのことなのか、あるいは全く新しいプロジェクトのことなのかは、一切わからずです。唯一わかったのは、Switch,PS5,XBOX,Steamと、ほぼ全ての環境で動くようにするらしいということのみ。まぁHD-2Dであればそれくらいはできるでしょうから、意外性はないんですけどね。

普通なら、多分大炎上するような仕打ちなわけですが、意外なことにあまり荒れてないんですよね。先日スクエアエニックスの決算発表で、多額の損失を計上して、もしかしたらドラクエも中止になったんじゃないのという疑心暗鬼を振りまいたせいで、期待値がどん底にまで落ちていた結果、新たな情報がほぼほぼないにもかかわらず、作っているならいいや、ほっとした。みたいな感想に溢れてしまったわけです。もちろんこの3年何も進んでねぇじゃねぇか的なツッコミをする人もいるにはいるんですが、どちらかというと少数意見ですね。

それにしても、いったいいつになったら、リリースされるんでしょうか。この3年何もやってなかったわけじゃないのでしょうけど、この期に及んで動画も一枚絵すらも公開できない状態というのは、かなりやばい状況なのではという感じがします。

Posted in ゲーム, 日々雑記 | No Comments »

ゲーム雑感その29

5月 24th, 2024 by PureJyam

ここのところネタがなさすぎて、ブログが書けない。いつもならブルーレイを見てなんとか凌いできたのだが、妙にやることが多くてブルーレイを見るまとまった時間が取れないのだ。ゲームはちょっとした空き時間にちょいちょいやってはいるが、腰を落ち着けてやってる感はない。

ベータテスト中の「ゼンレスゾーンゼロ」は、アクション自体はまぁ面白いのだが、ステージと敵キャラが似たような雰囲気のものばかりで、テストが終了する前に飽きてしまった。29日までらしいので、もう一度くらいはやるかもしれないが、正式リリース後に手を出すかは微妙。「原神」のようにオープンワールドであれば、世界を探索する楽しみもあるが、こういう面クリ型のアクションゲーでは、結局アクションしかやることないからねぇ。せめて敵とステージにバラエティを持たせないとすぐ飽きちゃうんだよね。

写真は「鳴潮」というリリースされたばかりのオープンワールド。KUROGAMESというやはり中国の会社のゲームだ。しかしアニメ調のオープンワールドということで、どうにも「原神」と被る印象が多くくて、今更「原神」から客を奪えるのかという疑念はある。それと地名や人名がほぼほぼ中国名なので、どうにもわかりにくい。「原神」はけっこう欧米風な名前を使っていて、中国っぽさというのはさほど感じなかったのだけどねぇ。

Posted in ゲーム | No Comments »

ゲーム雑感その28

5月 14th, 2024 by PureJyam

ドラゴンズドグマ2」は、前に書いたときに竜憑きになって街が全滅したので、他の街でイベントしようと思ってやっていたら、知らないうちにラスボスまで行ってしまい、1週目をクリアしてしまった。なので、結局竜憑きの顛末はわからぬまま、2週目に突入。今度はもう少し慎重にイベントをこなしてから、別エンディングへ向かおうと思っていたものの、途中で飽きた。
まぁ100時間以上はやったので、全然満足ではあるのだけど、やっぱりメインストーリーが薄すぎてそこはちょっとなんとかしてくれという感じ。

交換期日の迫っていたニンテンドーカタログチケットは、迷いに迷った末「マリオカート8 デラックス」にしてしまう。やりこむ気もないが、ちょっとしたときにプレイするには丁度良いゲームなのだよね。マリオカートは、スーパーファミコンのやつを散々やった記憶があるがグラフィックも進化して当時とは大分趣が違うゲームになってる。

上の写真は「パノラマサイト 本所七不思議」というPCゲームである。こいつは評判がよくて前から気になっていたのだが、Steamのセールで安くなっていたので、買ってみた。もっとも元々2000円しないゲームなので、セールを待つ必要もなかったのだけどね。
タイトルからなんとなくわかる通り、ミステリーアドベンチャーゲームである。「シュタインズ・ゲート」とかと似た感じ。背景に登場人物のイラストが入れ替わり表示され、セリフが流れる。まぁ安いので音声は付いてないけどね。
まだ始めたばかりだけど、かなり面白そう。ちょっと思っていたのと違う展開だったことに驚きだが、いろいろ仕掛けがありそうで期待大はある。

Posted in ゲーム, 日々雑記 | No Comments »

ゼルダの伝説 ティアーズ オブ キングダム その3

5月 11th, 2024 by PureJyam

待ちに待っていたものがとうとう発売。「ゼルダの伝説 ティアーズオブキングダム」のオリジナルサウンドトラックである。「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」でもサウンドトラックを発売していたので、当然こっちもいつか来るだろうと期待していた。のだが、まさかのCD9枚組の通常版が13,200円というとんでもないやつが来た。7/31発売ということで唐突に予約が開始されたのだが、この値段には驚いた。

「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」のOSTが5枚組で5,500円だったことを考えると、なんだか大分値上がりだが、まぁしょうがない。
ちなみに、上の写真は初回数量限定版で、マスターソード型USBメモリが付いてくるやつ。なんと19,800円だ。ハイレゾ音源が15曲入っているとはいえ、これに6,600円の価値があるとは思えないが、好きな人は買うだろうな。

前作をやったときは、とくに音楽がいいとは思わなかったのだが、今作についてはかなりいい曲が多かったので、OSTを待っていんだよねー。なので、多少高くでも買うんだけどね。まぁ通常版の方をだけど。

Posted in ゲーム, 音楽 | No Comments »

iPad Pro 2024

5月 9th, 2024 by PureJyam

Switchの新型がぁとか驚いていたら、同日にAppleもiPadの新機種を発表とはね。iPad ProもM1,M2ときて、今度はM3かとおもいきやまさかのM4チップを搭載。もっともM3という名前にするかM4という名前にするかはApple次第なので、番号が一つ飛んだからといって何か特別なことがあるわけではないのだろう。単にM2よりも高性能だよというだけの話。

同時にiPad Airも新しくなり、こっちにはM2が搭載されることになった。そしてiPad Proと同じく11インチと13インチの2サイズ展開である。前のiPad Proの12.9インチとどんだけ違うのかわからんが、そもそも12.9なんて中途半端な数字にするくらいなら最初から13にしとけよという感想しか浮かばない。まぁiPadは10.9インチとか言っているので、こっちも11でいいだろとしか・・・。

相変わらず円高なので値段はバカ高い。iPad Proの最低が168,800円というとんでもないことになっている。米ドルで999ドルなので感覚的には99,800円くらいが妥当なのだが、このご時世ではどうにもならないやね。iPad Airでさえ98,800円からなので、こうなるともうiPadは当面買い替えできないよなぁ。

Posted in 小物, 物欲 | No Comments »

Nintendo SWITCH その2

5月 7th, 2024 by PureJyam

かねてよりいろいろな噂のあったSwitchの後継機について、とうとう公式から言及された。どうやら今期中には発表があるらしい。
Switchはついこないだ出たばかりというイメージが強いのだが、発売は2017年の3月なので丸7年経っているのだよね。まぁ2021年に有機LEDモデルが出ているので多分そのせいであまり前という感じがしないのであろう。

今回、あえてSwitchの後継機と言っていることから、WiiからWiiUになったときと同様恐らくは互換性のある高機能タイプなのだろう。WiiUからSwitchのときは、新型機みたいに言ってたしね。だとすると結局のところSwitchの4K対応版という形に落ち着きそうだ。もちろんCPU性能も上がっているのだろうが、現状のSwitchのコンセプトを大きく変更してくることはないだろう。有機EL画面をフルHDにして、ドックに刺すとテレビ側は4Kまでいける感じなのかな。そうなるとあとは値段がいくらになるのかというところ。現在の有機ELモデルが37,980円ということを考えると、最大でもプラス1万円くらいか?
任天堂のゲーム機が5万を超えるというのは,ちょっと考えずらいんだよね。

さて、任天堂も歴史的に見るといろんな失敗をやらかしてきてはいるので、今回は果たしてどうなるのか、うまく世代交代できればよいけどねぇ。ただ現状ライバルのSONYのPS5も微妙な立ち位置にいるし、たとえPS6が出てきたとしても、恐らく10万近い値段になりそうだから、コンシューマーゲーム機の世界においてはある意味一人勝ちというパターンもありかもしれない。

Posted in ゲーム | No Comments »

« Previous Entries