ヤミヤミ≒ヨマイヨマイ

このブログはわたしじゅんはじめが外界からの数多の刺激の中で妄想した事柄とか内なる衝動が生み出した邪なる創造の萌芽とかそういうなんだかよくわからないものを徒然なるままに日々雑記として書きつらねていこうと画策した上に設置されたものである・・・・・・・のかもしれないぞっと(^^ゞ

時計じかけのオレンジ

10月 19th, 2021 by PureJyam

制作50周年記念ということで、4K ULTRA HD版が出たので思わず買ってしまう。これで、VHS、DVD、BLU-RAYとほぼ全てのメディア版が揃ったことになるわけだ。残念ながらLD版だけはないのだけどね(-_-;)
始めの方だけちょっと見てみるかと思って見始めたら結局全部見ていた。やっぱり面白いんだよねぇ。

「時計じかけのオレンジ」 1971
最初に見たのは、映画館でだ。1979年のリバイバル上映のときに見に行った。あのスタンリー・キューブリックの問題作ってことで、どうしても見たかった。
近未来の不良高校生?のアレックスは暴力とセックスに溺れる日々を送っていたが、仲間に裏切られ刑務所送りとなる。殺人罪で懲役14年の刑だった。しかしアレックスはそこで実験的な最先端治療を受けることで無害化され、大幅に刑期を短縮されて釈放される。だがそこで彼を待ち受けていたのは・・・と言った感じ。
主人公のアレックスは狂暴かつ狡猾で、浮浪者を痛めつけるは民家に押し入って暴行、強姦、強奪するはと、まさに悪行三昧の悪党なのだが、演じているマルコム・マクダウェルの不敵な笑みが魅力的すぎて何とも憎めないキャラになっている。
暴力表現は多いのだが、殴る蹴る程度のものであり銃は出てこないし、グロテスクなものはなく血が出ているシーンは少ししかない。アレックスのやってることはひどいが、残忍で生々しい描写はされていない。そもそもシリアスな作風ではなくどちらかというと戯画化された世界をブラックユーモアで描いているような映画なのだ。まぁそういう雰囲気がわたしとしてはとても気に入っているところなのだけどね。
それと、音楽が秀逸。アレックスがベートーベン好きということでクラッシックが多く使われているが、特にベートーベンの第九交響曲のシンセサイザーアレンジとオープニング曲が最高である。担当したウォルター・カルロスは後にキューブリックの「シャイニング」の音楽もやっているが、そのときには性転換して、ウェンディ・カルロスになっていたと知って驚いた。

今回、 4K ULTRA HDというのを初めて手に入れたわけだが、もちろんPS5を買って、それを見られる環境ができたから買ってみたというのはある。ほんと見て見たかったんだよね。
で、どうだったかというと、うーん・・まぁ50年も前のフィルム映画というのもあるのかもしれないが、BLU-RAYとの違いは全くわからなかった。一応テレビもPS5設定して、ちゃんと4KHDRで見てみたのだけどねぇ。
冒頭シーンを見比べても全く区別がつかない。さすがにDVDとは全然違うが、それはDVDとBLU-RAYでも感じたことだしね。DVDからBLU-RAYになったときほどBLU-RAYから4Kへ変化は大きくないのだよね。もちろんテレビの限界というのはあるかもしれないので、もしかするともっといいテレビで見れば大きく変わるのかもしれないが、今のところULTRAHDを買う意味はないなぁ。

Posted in 映画 | No Comments »

ゾンビなき戦い

10月 18th, 2021 by PureJyam

ゾンビランドサガが映画化ということで、公開されたPVがこれ。白竜、村井國夫という大物を引っ張り出して大真面目にサガ、サガ言わせたいだけという内容はさすがゾンビランドサガとしか言いようがない。
3期もあるかなぁとは思ったが、こんなに早く映画化という話が出てくるのはちょっと意外。2期の終わりにぶっこんできたネタをそのままやるとすると番外編みたいな感じになるかもしれないが、どうなのだろう。あるいは、というSF映画の主役にフランシュシュが抜擢されました的な流れもありか。
まぁ原作なしのオリジナル物なので、どんな展開でも許されるので、ある意味読めないなぁ。

映画化と言えば、ゆるキャン△の映画は、来年夏公開らしい。ティザービジュアルを見る限り車で来ているような感じなので、高校卒業後の話っぽい。それぞれの進路に進んだメンバーが久しぶりに集まってキャンプに行こうとするみたいな感じか?
話自体はオリジナルでもさすがに原作から外れるようなことはできないので、こっちはまぁ多分王道な内容なのだろうな。

Posted in アニメ | No Comments »

Nintendo Switch Online

10月 16th, 2021 by PureJyam

先月SwitchでNINTENDO64のゲームが遊べるようになるという発表があったわけですが、正式な日付と価格が出てきました。
前回、1000円アップくらいならOKなんだがみたないことを書きましたが、残念ながら倍以上の値上げのようです。現状1年で2400円が、4900円ということで、なかなか強きな価格設定です。
もっとも、今でも一月当たりに換算すると200円ですし、値上げ後も400円程度ということで、極端に高いというわけではないんですよね。
ただ、現在Switchのオンラインサービスをそんなにたくさん使っているかというと、そうでもないわけで、コスパという観点からみると微妙ではあります。
しかし、今はまだファミコンやスーパーファミコンのゲームが出来る程度だから、そんなに使ってないだけで、今後、NINTENDO64やメガドライブのゲームが出来るようになるのであれば、使用頻度も上がる可能性は高い。そう考えるとプラン変更してもいいかもしれません。
やっぱり、時のオカリナはやってみたいですしね(^^;)

Posted in ゲーム | No Comments »

紅蓮城の闇

10月 14th, 2021 by PureJyam

ネットで見かけて、このビジュアルに惹かれたゲーム。ウサギが巨大な鉄の拳を背負っているという絵だけでなんかかっこよい。9月に発売されたばかりで、Steamで見たらデモ版があったのでやってみたらはまってしまい、結局買ってしまう。
横視点型2Dスクロールアクションである。わたしは知らなかったのだけど、この手のゲームをメトロイドヴァニアというそうだ。ご存じ「メトロイド」と「悪魔城ドラキュラ」の英語タイトルであるキャッスルヴァニアの合成語である。マップを探索しつつ敵を倒し、アイテムを手に入れて自分を強化していく。そして強化するごとに移動できるマップが広がってゆく。という感じのゲーム。
この元祖である「メトロイド」は確かやったような記憶はあるのだけど、はっきり覚えていない。別シリーズのFPSであるメトロイドプライムはWiiで結構はまったのだけど、この2Dアクション系のやつはそんなに好みではないので、あまり記憶に残っていないのかもしれない。

で、この「フィスト/紅蓮城の闇」はまさにメトロイドヴァニアで、もちろんキャラも背景も3Dだが、移動はあくまで2Dで奥行移動がないタイプ。マップを探索し、最初はフィストだけだった武器も徐々に増えてゆく。それにつれて最初は行けなかったマップにも行けるようになってゆく。
主人公は紅蓮城に暮らすモフミンと呼ばれる動物族のウサギ。6年前に紅蓮城が機械化軍に侵略されたときのレジスタンスだった男。敗戦後、ひっそりと暮らしていたが、友人が機械化軍に拉致られたことで再び戦いの渦に巻き込まれることになる。と言う感じのストーリー。
写真にもあるように、武器が独特。近接格闘武器なのだが、剣とかそういった類ではなく、巨大ロボの拳部分のみを背負っている。この発想がまず面白い。それと世界観がスチームパンクっぽくて、背景の中国っぽさとメカの融合がとてもセンスよくて素晴らしい。2Dアクションとかあまり興味なかったのだけど、こんなに面白いものだったとは。

このはまったタイミングで、本家のメトロイドの新作である「メトロイドドレッド」が発売されたのは、ちょっと都合よすぎるんじゃないかと思うレベル。「メトロイドドレッド」は以前ニンテンドーダイレクトで見たのたけど、そのときは全然興味なくて気にもしていなかったんだよね。それがこのフィストが面白すぎて、ちょっと今すごくやってみたいと思い始めてる(^^;)

Posted in お気に入り, ゲーム | No Comments »

アリス・イン・ワンダーランド

10月 11th, 2021 by PureJyam

以前から見たいと思っていたものがセットで安かったので買う。

「アリス・イン・ワンダーランド」 2010
ティム・バートン版不思議の国のアリス。ただしお話は原作から13年後、アリスが19才になってから再び訪れた不思議の国でのものとなる。不思議の国の情景や登場人物の造形が素晴らしい。現在のCG技術があってこそ実現された世界ではある。へたするとチープになりそうなイメージを高度な技術で映像化しているといえよう。
アリス役はミア・ワシコウスカというさほど有名な女優さんではないが、いい味を出している。ジョニー・ディップのマッド・ハッターはなかなかのはまり役。しかし何といっても赤の女王のインパクトがすごい。頭が異様に大きく、奇妙な化粧と奇妙な髪型をしていて、一度みたら忘れられない。
原作は読んでるがもはやどんなストーリーだったかも覚えていないが、映画のストーリーも不思議の国のアリスと続編の鏡の国のアリスを混ぜこぜにして構成されているとのことなので、原作はあくまで元ネタ扱いらしい。現実世界のアリスがその時代ではちょっと変わった少女になってしまっていて、世界とのギャップに悩んでいるが、不思議の国での冒険を通じて自分のアイデンティティを確立していく成長物語としても見られる。
特典のメイキング映像が面白くて、ほぼ全てがグリーンバックで撮られている。テーブルとか料理とかはまぁセットなのだけど、外の風景にしろ室内の調度品にしろほとんどがCGで描かれているのだ。ここまでくると実写映画とは何かと考えさせられる感じ。
ちょっと天然っぽい白の女王を演じているアン・ハサウェイが素晴らしく美しい(^^;)

「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」 2016
6年後に公開された続編。原題は「Alice Through the Looking Glass」で、まさに鏡の国のアリスなのだけど、前作の邦題を原題のカタカナ表記にしてしまったため、サブタイトルを付加して誤魔化すことになったっぽい。「アリス・イン・ワンダーランド」はまだわかりやすいが、「アリス・スルー・ザ・ルッキンググラス」では何の映画だかさっぱりわからないからねぇ。
監督は、ティム・バートンから引き継いだジェームズ・ボビンという人。Wikipedieを見る限り子ども向け作品に関わっていた人らしいが、あまり作品は多くない。
前作から3年後、アリスは現実世界で壁にぶつかっていたが、再度訪れた不思議の国での冒険を通じて、その壁を破っていくというお話。
世界そのものは前作で確立されており、登場人物もほぼそのまま。新しいキャラとして時間を司るタイムという濃いキャラも登場する。
エンタメ映画としてはとても面白いが、前作で確立された世界を使ってちょっと子ども向けのお話をやってる感は否めない。確かにこの2作をパッケージ化して一緒に見るのは正しい鑑賞方法ではあるのかもしれない。

Posted in 映画 | No Comments »

2021年夏アニメ総括

10月 10th, 2021 by PureJyam

夏は録画が3作で、完走は1作のみ。少ないですねぇ。7月の前半に開始されたものの中にこれといったものがなく、まさかの0作かと思われたんですが、後半の3作でなんとか持ち直したので、0作にはならなかった。

平穏世代の韋駄天達
唯一完走。これはなかなかインパクトのある作品でしたね。世界を破壊する存在である魔族、その魔族から人間を守る存在である韋駄天と呼ばれる神、その戦いは800年前に終止符を打ち、平穏な時代が訪れていたのだが・・・。というストーリー自体はまぁ普通でギャグよりなアニメなんですが、登場するキャラとその行動がぶっ飛んでおり、正義とは何か悪とは何かというなかなかに哲学的問題を隠し持っていて面白い。韋駄天は神で人間を守る存在であるにも関わらず、その個別の命に関しては特に興味がない。あくまで種としての人間を守るだけなんですね。いわゆる神様とは違い、倫理的に問題がある行為も特に気にしません。このあたりの見方はとても興味深い。
内容的にはエログロもありますが、絵柄と独特の色彩演出で、強烈さはなくなっています。この色の使い方が通常のアニメでは見られないもので、なかなか素晴らしい。万人受けする内容ではないですが、すごく面白かった。
ただ、そもそも原作が途中で中断していることもあって、終わり方が消化不良なのが惜しい。

Sonny Boy
とても奇妙なアニメだった。突然なんらかの閉鎖空間に学校ごと閉じ込められた生徒たちの物語。昔あった漂流教室を思わせる設定が面白い。もっとも1話しか見ていないので、その後どうなったのかは不明。

NIGHT HEAD 2041
随分昔にあった「NIGHT HEAD」というドラマのリメイク?らしい。およそ30年も前のドラマでタイトルだけは知っていたが、見たことはない。超能力物SFですね。アニメはまぁ面白そうではあったけど、ただ迫害される超能力者という設定はさすがに古臭さが否めない感じ。やはり1話しかまだ見ていない。

Posted in アニメ | No Comments »

Windows11 その3

10月 8th, 2021 by PureJyam

いったんインストールをあきらめたWindows11ですが、なんかマイクロソフトの方から非対応機種にもインストール可能になる裏ワザ的な情報が発信されたので、やってみました。
なんだかレジストリを書き換えてからインストールメディアを作成して、インストールするとチェックをすり抜けられるらしい。というかそんなことを本家が言うのであれば、最初からもっと条件を緩くしろよと。もしかすると次のアップデートのときにそんなことをしてくる可能性もあるのでしょうか。
で、インストールはなんとかできました。そもそも条件に合わなかったのは、CPUの世代だけでしかも1世代違うだけだったので、とりたてて問題は起きませんでした。元々アプリもデータも取り立てて入っていなかったので、クリーンインストールしたせいもあるのかもしれませんけどね。

まぁWindows11にしたから何って感じではあるんですけど、やはりWindows10から大きく変わったような印象はありません。デザインがちょっと洗練されたかなぁというくらい。特にスタートメニューのあたりは大分すっきりしました。ツールバーのアイコンはディフォルトでは中央に寄っているんですが、これは設定で今まで通り左寄せにできます。慣れの問題かもしれませんが、やはり中寄せはちょっと違和感あるんですよね。その他使い勝手はまだなんとも言えません。今回はメジャーバージョンアップと言っても10から大きく変更された部分はないので、多分大丈夫でしょう。
基本的にOSなんてトラブル起こさずに安定して動いていてくれれば機能とかどうでもいいと思っているので、今まで通り動いてくださいと祈るばかりです。
そもそもサブ機で特に何か目的のあるPCじゃないので、なんの検証にもならないんですよね。OS入れただけで満足という(^^;)
とりあえずこれで様子見てみましょう。

Posted in パソコン | No Comments »

Windows11 その2

10月 6th, 2021 by PureJyam

6月に発表があってから4か月、とうとう昨日リリースされましたね、Windows11。まぁ早速入れてみようかと思って、サブ機でチェックしてみたところ、なんとCPUが古くて対応していないとか出てしまい、諦めました。しかし、古いと言っても2017年の夏に買ったCore-i5の7600というやつで、まだ4年くらいしか経ってないんですけどね。
でもWindows11はインテルの場合第8世代からしかサポートしてないようで、あえなく玉砕。CPUだけ買い替えようかとも考えたけど、別にそこまでしてWindos11にこだわる必要もないので、やめました。
もちろんメイン機であれば、いけるのはわかっているだけど、メインPCに最新OS入れるなんていう無謀なことは当然しません(^^;)

Windows11が出たからといってすぐにWindows10が使えなくなるわけでもないので、あせる必要もないのだけど、とりえずアップグレードが無料のうちにライセンスを確保しておきたい気はする。いずれにせよもう少し様子見かな。

と、ここまで書いて1行40文字で13行になるわけですが、どうも最近ブログを書く場合、そこそこの分量を書かねばならないという変なプレッシャーがあって、なんか意味もなく30行くらいは欲しいとか思ってしまうのですね。見返してみると確かに30行くらいは書いている。でもどう考えてもそんなに書く必要はないとしか思えない。大体最初の頃は10行も行かない日がいくらでもあったのだもの。なんで30行も書くようになってしまったのかな。
そういう変なこだわりが出てくるとまた長期休載みたいなことにもなりかねないので、これからは10行前後で終わらせることを目標に書いていきたいです。と、ここまでで20行。長くてもこんなものでしょうね。

Posted in パソコン | No Comments »

徒然なるまま その38

10月 3rd, 2021 by PureJyam

去年の秋にリリースされた、MacOSのバージョン11であるBigSurは、残念ながらうちにあるMac miniには対応されなかった。まぁ何せ買ったのがもう8年も前の話なのでしょうがない。
ずっと諦めていたのだが、最近ネットで非対応機にもインストールできるというパッチがあるということを知った。古いというだけで、ハードが最近のものと大きく変更されているわけでもないので、インストールさえできてしまえばちゃんと動くらしい。ということで、やってみた・・・のだが、結論から言うと失敗した(-_-;)
一応インストールはできて、BigSurが立ち上がったことはあがったのだけど、インストール用に作ったUSBメモリが刺さっていないと、起動できなくなってしまったのだ。USBメモリを抜いて再起動すると?マークが出て先に進まない。刺したら刺したで、インストールプロセスが始まってしまい、なんかにっちもさっちもいかない感じ。
しょうがないので、ネットワークリカバリーとかいう機能を使って、元に戻した。Macのよいところは、OSが逝ってしまってもネットワークからダウンロードして元に戻せるというところだ。Windowsだとそうはいかないからねぇ。
半日くらい使っていろいろやったのに、結局状況は何も変わらなかったという徒労である。
そろそろ新しい機種の買い替える時期なのかもしれないが、今となってはほとんど使ってないのだよね。使用頻度を考えると、大枚をはたいて買うまでもないという気がしてならない。

写真は、「DEATH STRANDING」のディレクターズカット版だ。「Ghost of nTsushima」に引き続き、ディレクターズカット版が発売されたので、アップグレードしてみた。とりあえず最初からやり直してみてはいるが、まだ5月くらいにクリアしたばかりなので、久々感は全くない。新しい要素もかなり入っているというこだが、序盤はあまり変わらない感じ。今のところ新しくやるゲームもないので、当面やっていこうかなとは思っている。Switchの「時のオカリナ」が来たらそっちに行っちゃうかもしれんけどね(^^;)

OculusQuest用の「バイオハザード4」が出るというニュースが、何か月か前に流れていたのだが、10/21に出ることが決定したらしい。
そのときは、OculusQuest1でも動くかどうかわからなかったのだけど、どうやら2でしか動かないみたいだ。専用ソフトってことで、多分OculusQuest2の販促も兼ねているのだろうね。まったくもって残念無念。


Posted in ゲーム, パソコン, 日々雑記 | No Comments »

TOKYO GAME SHOW 2021

9月 30th, 2021 by PureJyam

東京ゲームショウが始まりましたですね。まぁこのご時世ということで、リアルな開催は去年に引き続きなし。オンライン開催ということですが、サイトを見てもあまり面白くはなかったです。
ただ、今年はVRでも開催しているんですねぇ。OculusQuestとかで無料のアプリをダウンロードできて、それを起動するとVRの展示場を見て回れます。

せっかくなので、わたしも OculusQuest で見て見ました。なかなか面白い試みじゃないかと思います。単にホームページ上でコンテンツを並べても面白くはないですが、VRで会場っぽいところを見て回る形式だと、なんとなくゲームショウに来ている感が味わえますからね。巨大なオブジェクトを間近で見られるのはVRならではです。
ただ、予算の関係なのか納期の関係なのかわかりませんが、あまり凝ったつくりではないんですね。展示場を模した空間に看板状の板が展示してあって、それをクリックすると動画が再生されるとか、ロボットみたいなNPCが配置してあって、クリックすると説明してくれるとか。そんなもんです。
で、一番気になるのはだだっ広い展示場に自分1人しかいないこと。MMORPGのように他の参加者がアバターとして存在するわけではありません。やはりそういうことするためには巨大なサーバーが必要になるわけで、わずかな期間のショウのためにそんなお金はかけられないということなんでしょうかね。
しかし、閑散とした会場を1人ぼっちで黙々と見て回るだけというのは、なんというかとても侘しいです。

別に他の参加者を出さなくても、せっかくのゲームショウなのだから、ゲームキャラをNPCとしてたくさん歩き回らせるとかいうこともできたんじゃないかと思うのですが、やはり作るのは難しいのでしょうね。
一応ゲームキャラも少しはいるのですけど、あくまで展示物扱いで、特に動くわけでもなくマネキンみたいな感じで置かれているだけです。とにかく動くものがない。ガンダムとかモンハンのモンスターとかでかいキャラもいるんですが、それもただ置いてあるだけ。ループでもいいからちょっとしたモーションでもあればなんとなく雰囲気出ると思うんですがね。納期が厳しかったんでしょうか。

VR展示というのはまだあまりノウハウもないでしょうし、これからの分野かと思います。試みとしては面白いので、今後ぜひとも進化していってほしいものです。

Posted in ゲーム, 日々雑記 | No Comments »

« Previous Entries