ヤミヤミ≒ヨマイヨマイ

このブログはわたしじゅんはじめが外界からの数多の刺激の中で妄想した事柄とか内なる衝動が生み出した邪なる創造の萌芽とかそういうなんだかよくわからないものを徒然なるままに日々雑記として書きつらねていこうと画策した上に設置されたものである・・・・・・・のかもしれないぞっと(^^ゞ

ワンパク番外地

12月 4th, 2021 by PureJyam

放映が1971年なので、半世紀前の作品である。ずっと見たいと思っていたが、まさかDVD-BOXになっているとは知らなかった。
Amazonのブラックフライデーセールで、何かブルーレイないかなと探していたときに、これ自体はセールになっていなかったが、何かの関連商品みたいな感じで表示されて驚いた。ほんとに見たかったんだよねー。早速ポチろうとしたが、中古の美品が半額以下で出ていたので、そっちにしたのは内緒だ。

当時一世を風靡した「ハレンチ学園」の後番組で、主演の児島美ゆきと小林文彦は「ハレンチ学園」での十兵衛と山岸からそのままスライドしている。もっとも内容は「ハレンチ学園」とは全く無関係で、原作もないオリジナル物である。
児島美ゆきの祖父が残した洋館に子供たちが集まり、悪い大人と戦うというコメディ。実写ではあるが、完全にマンガチックなお話と描写で、これは前作の「ハレンチ学園」のノリを踏襲しているのだろう。ただし、お色気要素はなく普通の子供向けドラマになっている。
子供たちとは言うが、当時児島美ゆきは19才、小林文彦は15才で、他の面子もいかにも小学生っぽいのからお前はどう見てもハタチ超えてるだろうというのまで、まぁよくわからない集団にしか見えないのはご愛敬。そもそもお前ら親はどうした?というのは触れてはいけないのだろう。児島美ゆきのお兄ちゃん役で石立鉄男が出ているが、山で遭難して死んでいて、幽霊としてなぜかテレビの中に現れるだけというトンデモ設定なのが割と印象に残っている。

設定もお話も荒唐無稽ではあるが、当時子供だった自分にはあまり気になるものでもなく、かなり好きな番組の一つだった。特に彼らの住んでいる洋館が忍者屋敷のようにいろいろな仕掛けやら抜け道やらがあって、そこで共同生活するというシチュエーションがたまらなく魅力的だった。

まだ1話しか見てないが、まぁなんというかいかにも70年代の作品だなぁという雰囲気。しょっぱなから任侠物のような歌が流れてきたり、まるで流れ者のような児島美ゆきには笑うしかない。
で、これを見て一番驚愕したのは、実はカラー作品だったということ。子供のときに見ていたのは白黒テレビだったので、元も白黒だとばかり思っていた。まさかカラーだったとは・・・。

Posted in お気に入り | No Comments »

着るこたつ

12月 1st, 2021 by PureJyam

去年の冬は「電熱ベスト」を買ったが、あれはなかなか役に立った。ただ、バッテリーは結局ダンボーバッテリーとは別にANKERの20000mAhのものを買ってしのいだ。やはり真冬は午前中だけでは厳しかったのだよね。20000mAhであればほぼ1日持つのでそれで問題なかった。
しかし、まぁ確かに上半身はポカポカと暖かいものの、ベストなので当然下半身は無防備なままだった。とりあえずひざ掛けを買ってなんとか一冬越せたものの、今年はなんとか下半身対策をとりたいと思っていたところ、サンコーから一人用の着るこたつというのが発売されたので、買ってみた。

もっとも、これは去年も発売されていたのだが、なんか発火の恐れがあるとかで途中で回収されちゃったんだよね。今年のやつはそれの改良版らしい。
さすがに改良されていれば大丈夫だろうということで、買ったわけだ。
こたつとは言っているが、形状は寝袋を半分に切った下半分という感じ。足を突っ込んで、内蔵ヒーターで下半身をあっためてくれる。底面には切れ込みがあって、足を出せるため着たまま歩くことが可能だ。
電源はベストと違って、モバイルバッテリーではなく通常電源のタイプ。とはいえ、消費電力は50w程度なので、うちのブレーカーにも安心である(^^;)

11月後半からいよいよ寒くなってきたが、12月初日の今日は朝方天気が悪かったせいかあまり気温が下がらなかったので、せっかく届いたものの出番なしだった。
試しに着てみたが、電源を入れなくてもかなり暖かい。内部もボア素材のため毛布でくるんでいる感じなのだよね。なので、かなり寒くなるまでは電源なしでもいけるかもしれない。
まぁいずれにせよこれで全身の防寒用具が揃ったので、安心して冬を越せるでしょう。

Posted in 小物, 物欲 | No Comments »

INSCRYPTION

11月 28th, 2021 by PureJyam

Enderalはまぁ地道に続けてはいるものの、ストーリーのボリュームはあるし、敵も強いのでゆるゆると進んでいる感じ。
そんな中、Steamのセールが始まってしまったので、ついつい別なゲームを買ってしまう。「INSCRYPTION」というカードゲーム?である。
Dマガジンでファミ通を読んでいたら、後ろの方で連載している山本さほ氏のマンガで紹介されていて滅茶気になったやつ。タイミングよくセールで20%オフだったので買ってみたわけ。
基本はホラーテイストなカードゲームなのだけど、どうもそんな単純なゲームではないようなのだな。まだ始めたばかりなので、全体像がつかみ切れていないのだけど、脱出ゲーム的な要素もあってなんとも一筋縄ではいかなさそう。
カードゲームでなんで脱出ゲーム要素なのかというと、カードゲームのプレーヤーは得体の知れない部屋の中で得体のしれない相手とカードゲームをしているという体なのだな。で、カードゲームをしている途中でも椅子から立ち上がって部屋を移動できる。そして部屋にはいかにも脱出ゲームっぽいアイテムが散らばっているというわけ。そしてカードゲームのカードがなぜかプレーヤーに話かけてきて、脱出のヒントをくれたりする。なんとも説明が難しいゲームだ。
この怪しい独特な雰囲気もそうだし、カードゲーム自体も単純だが面白くて、これまたやめどきをなくしてしまうんだよね。

はてさてEndralとこいつでエルデンリング発売まで持たせられるだろうか?
予想としてはまぁ今年いっぱいもてばよい方かなと思ってはいるわけなんだけどね(-_-;)

Posted in ゲーム | No Comments »

Enderal : Forgotten Stories

11月 24th, 2021 by PureJyam

FF14は1週間で飽きた(-_-;)
やはりMMOはパーティを組んでキャッキャウフフするゲームであって、ソロでやるのは向かないものなのだね。もしかすると単にわたしの好みがFF14に合っていないだけということも考えられなくもないが、どうもやっていてあまり楽しくないんだよね。
戦闘も結局のところボタンをポチポチ押すだけのものだし、やはり協力プレイ前提の作りなわけで、ソロでやり続けるのはなんかつらい感じ。

で、どうしたかというと、久しぶりにSKYRIMに戻った(^^;)
というか、SKYRIMの大型MODとして登場した、「Enderal : Forgotten Stories」というやつ。これはSKYRIMのMODであるにもかかわらず、完全に別マップで全く別のストーリーのゲームができるという優れもの。
MODで別ゲームが作れるというのがなんかすごいが、どういう仕組みなのだろう?
普通MODというと、背景をきれいにするとか、キャラの見てくれをよくするとか、武器を追加するとかはよくあるが、別なマップを作って、そこで本編とは関係ないストーリーを追加するというのはもはや理解を超えている。
そこそこのボリュームもあって、これが無料公開されているというのは、すごい。でもって、ちゃんと面白いんだよね。やりはじめるとやめどきがわからなくなる。やはりオフラインでソロ専用のゲームだからなのかもしれないが、特にサブクエストの密度が濃い。これはまぁSKYRIMもそうだったけどね。
単に、あれ持って来いとか、あれ退治してこいとかという、経験値稼ぎ用の作業クエストじゃないとこがよい。

しかし、MMOは向かないなぁ。もうちょっとは続けられると思ったんだけど、ソロでは厳しい。やろうと思えば続けられるのだけど、楽しくないのはちょっとね・・・

Posted in ゲーム | No Comments »

メイドインアビス 烈日の黄金郷 その2

11月 21st, 2021 by PureJyam

2期決定の発表から早半年、PVの第1弾が出ました。
意外にも過去編を中心とした映像。ヴェコの声のイメージはもっと低い感じを予想していたのですが、かなりかわいい感じでした。こんな短い映像なのにテンション爆上がりで、なんとも放映が楽しみです。
来年の夏アニメ枠らしいので、さらに半年以上先ですが、この半年もあっと言う間だったので、きっとすぐに経ってしまうでしょう。

PVで過去編を出しているので、もしかすると原作と構成を変えて、まず過去編を先にやってしまう可能性もあるかもしれません。あるいは交互にやるとかいうのもありか。
でも、結局のところ原作準拠でしょうねぇ。1期にしろ映画にしろほぼ原作通りにやってますしね。ここにきて変な小細工はしないでしょう。
また春頃に第2弾のPVとかの流れかなぁ。今度は村人たちを出してほしい。

アニメの方は順調そうですが、ゲームの話はいっこうに流れてきません。ほんとに作ってるのでしょうか。あるとすればアニメの放映に合わせて来年夏の発売ってことになりそうですけど、ゲームの開発ほどスケジュールのあてにならないものはないので、果たしてどうなることやら。

Posted in アニメ | No Comments »

BALMUDA Phone

11月 20th, 2021 by PureJyam

トースターとかその手のおしゃれ家電で名をはせたバルミューダが、スマホを出した。4.9インチ画面にSOCがSnapdragon765、6G/128Gというスペックで、個人的には大きさがなかなかよいので、3万くらいなら考えてもよいかなと思ったが、まさかの10万越えという価格に目が点である。
去年出たPixel5とかPixcel5aとかと同じSOCであり、どう見てもミドルレンジのスペックにもかかわらず、値段のみハイエンドクラスということで、当然ながら評判はよくない。
まぁそもそもバルミューダのトースターもトースターにもかかわらず2万以上するという高価格なのにそこそこ売れたということで、スマホもいけるだろうと踏んだのかもしれないが、しかしあっちはパンがおいしく焼けるというアドバンテージがあったからこそだったはず。それにトースターはそんなに頻繁に買い替えるものでもないしね。

スマホの世界は高スペックであれば高価格、そこそこのスペックであれば低価格みたいな住み分けが完了していて、機種ごとの差別化は打ち出しにくい。アプリも共通化され、あとはiPhoneにするか、Androidにするかくらいしか選択基準がなくて、最終的にはおさいふとご相談という感じ。
そんな中で、スぺックは低価格帯のままiPhone13を超える高価格で新機種を出して、いったい誰が買うのかと。独自アプリが云々とか言っていたが、それが差別化につながるとは到底思えないんだよね。
デザイン自体は個人的にはきらいじゃないが、価格が許容範囲を超えすぎていて、これに10万だすならiPhone買うわ。

まぁ世間一般の反応もそんな感じなのだが、果たして売れるのかねぇ。こないだSONYが出した1インチセンサーを搭載した「Xperia PRO-I」が20万近い値段で、こんなん一体誰が買うんだろうかと思ったのだが、少なくともあっちはハードスペックはかなりのもので、こんだけのスペックなら買う人もいるのではという考えもありえた。
しかし、このバルミューダのやつはねぇ。あえてこれを選択する人の層が想像できないんだわな。1年後くらいに2万くらいで投げ売りされてたらちょっと欲しいかも(^^;)

Posted in 小物 | No Comments »

Thunderbird

11月 18th, 2021 by PureJyam

7年ほど前に、メールのデータを全消ししてしまったことがあったが、今日、何気にメールのアイコンをクリックして起動しようとしたら、唐突にアカウントの登録画面が出てきた。
何度やっても同じで、再起動しても変わらず。これは焦った(-_-;)
なんか変なことしたか?とかまさかウィルスか?とか様々な考えが脳裏を駆け巡って、青くなった。ググって見たところ、設定ファイルが壊れると生じる事象ということで、確認してみると確かに設定ファイルがリネームされて、かつ中身が壊れていた。ファイルの前半部分が文字化けしていて、潰れてる感じ。

常日頃バックアップを取っていれば、特に焦ることもない話なのだけど、そうそうタイミングよく取ってないよね・・・。7年前の消失事件のときは、ちゃんと取らなきゃみたいなことを書いていたけど、喉元過ぎればなんとやらで、ここ最近全くバックアップしていなかった。
結局、4年前にドライブ自体を交換したときの古いHDDを引っ張りだして、そこに残っていた設定ファイルの前半から使えそうな部分をコピーして、なんとか復旧。いやはや肝を冷やした。
最初ネットで見た手順通りに設定ファイルを戻してもうまくいかず、ダメ元で一度設定ファイルを作り直してから、読み込ませるとなんとかなった。

しかし、ほんとバックアップどうしようかな。定期的にやらないと意味ないんだよねぇ。起動したときに自動でコピーするようにしとこうかな。
こういうなんかあったときだけやろうとしてもすぐにやらなくなってしまうのは悪い癖だ。

Posted in パソコン | No Comments »

GeForce RTX2060 その3

11月 16th, 2021 by PureJyam

グラボの調子が突然悪くなった。最初モニターの不調かと思ったのだけど、2つあるモニターが同時にブラックアウトするというのが一度あったので、こりゃあグラボだなと。
原因に思い当たるふしはないが、タイミング的にFF14始めたせいかなというのは考えられなくもない。要するにあまりかけたことのない負荷をかけてしまったせいなのではなかろうかということだ。
ただ、そうは言っても今までもPCで散々ゲームしてきているし、今更FF14で高負荷っていうのもちょっと無理な解釈かもしれない。
どういう風に調子が悪いかというと、かなりの頻度で画面の一部が乱れてチラつく。ただし、リフレッシュレートを144Hzから60Hzに落とすと安定するんだよね。まぁそれもFF14を疑う要因ではある。FF14の画面設定ではリフレッシュレートの設定があって、今回当然ながら144Hzにしていた。まぁせっかくモニターが対応しているのだから、高いに越したことないものね。もしかすると、今までやっていたゲームはそこまでリフレッシュレートが高いものがなかったんじゃなかろうかということだ。今までのゲームでは解像度の設定はしてもリフレッシュレートの指定までしたことなかったからねぇ。なので、FF14によってはじめて高解像度高リフレッシュレートの負荷がかかったということも考えられなくはないわけだ。

とはいえ、60Hzではなんとか安定しているので、すぐにどうにかしなければということはない。まだ買ってから1年4か月くらいしか経ってないしね。しかもどういうわけか、今グラボは高騰中で、同じRTX2060を買おうとすると5万~6万はかかってしまうので、とてもじゃないが買い替え時期じゃないんだわな。
この高騰はいったいいつまで続くのだろう。困ったものだ。

Posted in パソコン | No Comments »

FINAL FANTASY 14

11月 12th, 2021 by PureJyam

ELDENRING発売まで何をしようか考えた結果、とうとうFF14に手を出してしまう。個人的にFFには何の思い入れもないので、月額課金してまでやろうとは思っていなかったのだけど、なんだか無料でも途中までは普通にプレイできるというような情報を知ったので、やってみたというわけだ。

MMOはあまりやっていないが、嫌いというわけではない。ただあくまでソロでプレイする分にはだ。基本的に人見知りなので、他人とパーティを組むとかいうのは全然無理(-_-;)
最初にやったのは、確かラグナロクオンラインだったかな。ただそんなに長くはやってない。ネットで見たら今でもサービス続いていたので驚いた。その次はシールオンラインというやつ。基本無料になったタイミングで始めたような気がする。まぁこれもそんなに長くは続かなかったけどね。その次はエルダースクロールオンライン。これはわりと最近なのだけど、ブログに書いた形跡がないんだよね。ただこれもそんなには長くやってないな。大抵の場合、2~3か月は気合を入れてやるんだけど、そのくらいやると飽きてきちゃうだわな。
なので、多分このFF14もそのくらいで飽きちゃうだろうね。でもまぁそうなると丁度ELDELRINGが発売される頃に当たるので、都合がよいと言えば都合がよいのもかもしれない。

Posted in ゲーム | No Comments »

ELDEN RING その2

11月 9th, 2021 by PureJyam

発売日が近づいてきたと思いきや、いきなり2022/2/25に延期されるという残念なお知らせ。ちょうど前日に職場の人間とまさか延期とかないよねーとか話していたところだったので、あまりのタイミングに笑ってしまった。
まぁさすがにそれだとまずいと思ったのかしらないが、プレイ映像も公開された。以前の動画よりも具体的にプレイしているもので、この15分ほどの動画を見る限り、確かにオープンワールドなゲームになっているようだ。かつ雰囲気はどう見てもダークソウルなところが面白い。
ただ、今作では霊を召喚して味方として戦わせられるという今までなかった要素が加わっているようなので、それがちょっと気になる。オンラインについては多分今までのソウルシリーズと同じような感じで、味方を呼んだり、敵として侵入されたりとかができるようだ。

さらに、ネットワークテストのテスター募集も行われた。もちろん早速応募したものの、今回はあえなく落選。以前ダークソウル3のネットワークテストには当選したので、今回もいけるかと思ったんだけど、そう甘くはなかった。残念無念。
しかし、発売まであと4か月となると、それまでのつなぎをどうしようかなと。本当は「ゼルダの伝説 時のオカリナ」をやる予定だったのに、あてが外れてしまったので、非常に困っている。

Posted in ゲーム | No Comments »

« Previous Entries